ポレポレ日記N

アクセスカウンタ

zoom RSS 西武9000系『SEIBU KPP TRAIN』に挑戦!(その2)

<<   作成日時 : 2016/07/13 08:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

 模型工作を始める前に、スカートの形状という思わぬ沼にはまり込んじゃいました。
 前回お見せした写真は、撮影時期が古い上に斜めがちな構図が多かったので、スカート開口部の形状がイマイチわかりにくかったかもしれません。
 友人達に「スカートの開口部形状がいろいろあるみたい」という話をしたら、西武沿線在住・『たぬきの里の木の葉通信』管理人のいけさんから9000系全先頭車の近年の写真を頂戴しましたので、お目にかけたいと思います。いけさん、ありがとうございます!

◎9001F
画像

 9101・9001共に連結器周りの開口部が大きく、下隅のRは小さい。クレーンフックの欠き取り部隅のRも小さく、スカートが角ばっている印象を受けます。

◎9002F
画像

 9001Fと同様ですね。

◎9003F
画像

 9001・2Fのスカートの連結器開口部を小さくした形状。Rはクレーンフック部も含め小さいままです。

◎9004F
画像

 編成の両端でスカートの形状が異なります。
 9104はRが大きくもなく小さくもなく、といった感じなので『中』としておきましょう。
 9004はRがクレーンフック部共々大きくなっています。

◎9005F
画像

 前回、編成の両端でスカート形状が異なると紹介しましたが、現状は同じスカートです。Rは『中』。 
 余談ですが、この編成のみ連結器が旧タイプですね。

◎9006F
画像

 Rがクレーンフック部共々大きくなっています。
 これが標準型と言って良さそうです。

◎9007F
画像

 これもRが大きいタイプですが、9107は向かって右側のクレーンフック部のRが特に大きい変形車。

◎9008F
画像

 これもRが大きいタイプ。

 このほかにも、友人たちが新2000系などのスカートをチェックしてくれているのですが、バリエーションが多すぎてすっかり泥沼にはまり込んでいる様子です。
 スカートのメーカーが車両メーカー以外にもあるようですし、事故復旧などの補修により形態差が生じている可能性もあります。

 なんだか手作り感満載のスカートですが、特定ナンバーで模型化する場合は別として、開口部のRまで気にしているともうキリがないので、あまりこだわりすぎないほうが精神衛生上よろしいのではないかと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
よく見て比べると違うんですね

\(☆o☆)/
〜NORINKO〜
2016/07/18 19:08
9000系の先頭車の連結器ですが、9105Fも登場時は新型(CSD90)であった記憶です。その代り?9107Fが登場時、一方がCSD90一方がCSD82で有ったと記憶します。今度、メモ帳を調べてみます。
因みに連結器は定期入場でローテーションが行われる事が有る様ですね。
まだ無い
2016/10/26 13:43
まだ無いさん、おっしゃる通り連結器は定期入場で変更される場合がありますね。9000系の他、10000系でも散見されます。
ただ、不思議なことに(?)電連付きの連結器では入場時に連結器が変わった、というのは見たことがありません。
ヤマシタ
2016/10/30 08:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
西武9000系『SEIBU KPP TRAIN』に挑戦!(その2) ポレポレ日記N/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる