ポレポレ日記N

アクセスカウンタ

zoom RSS 多摩モデル製 西武701系を作る!(その7)

<<   作成日時 : 2016/12/04 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 久しぶりにのろのろと工作を進めました。
 ちょっと手戻りですが、先頭車の車体から正面を外して小加工。天井板の前方1/3ほどをカット。
 加工には、写真の下の方にちらっと写っている、『喰切』という工具を使うと簡単です。
画像

 これは、正面パーツ裏に入れる室内仕切パーツが天井板に干渉してしまうことと、車体幅が正面よりほんのわずかに広いため、幅の差をごまかしやすくすることが目的です。つまり、車体は前方に向かってほんのわずかにすぼまる(といっても0.1o弱なのでほとんどわかりません)ことになるわけです。
画像

画像

 こうすると、側板と正面パーツのわずかな段差が解消され、正面補強板の段差が側面できちんと出せるようになります。写真ではわかりにくいですが…。
画像

 いつも同じような状態で見飽きたので、気分転換も兼ねてモハ偶数車以外は屋根板を車体に接着しました。
 天井板にゴム系接着剤で固定した後、裏返して天井板の切り欠き部分に瞬間接着剤を流してしっかり固定しました。
画像

 クハの台車は鉄コレのFS372を使用することにしました。
 センターピン穴をφ3.2のドリルでさらい、GMの台車中心ピンを入れてあります。
画像

 クハ2両だけ床下機器を並べました。
 GMキット・完成品用の床下機器を細切れにカットして、実車の写真を見ながらそれらしく並べてあります。
 完成品用の床下機器は、ベース板が薄すぎるので、t0.5プラ板を貼り重ねてから床板に接着。ブレーキ制御装置(西武9000系用)とHB2000形CP(東急8500系用)はt0.5プラ板1枚だけでは天地寸法が不足。t0.5プラ板を2枚重ね、1oかさ上げして丁度良い感じです。
画像

 ようやく701系の形が見えてきましたが、まだまだたくさん加工が残っており、先行きは長いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
多摩モデル製 西武701系を作る!(その7) ポレポレ日記N/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる